【新店】看板に名前のないラーメン屋さん @新宿:動物系スープをベースに少し魚介系の風味が残るスープ、IHヒーターはつけ麺専用らしい。


 新宿のラーメン店めぐりサイト →  新宿ラーメンTOUR

IMG_9175

新宿の看板に名前のないラーメン屋さん。
歌舞伎町の新店ということで行ってみた。
区役所の通りを進む。
左に曲がって少し行くと・・・。

続きを読む

【新店】麺でる @明大前:学生の町、明大前に出来た二郎インスパイア系のお店は本家に劣らないボリューム、今なら大盛りか味玉サービス。


IMG_8967

明大前の「麺でる」。
先月できたばかりの新店である。
近くをよく通るのだが数週間全く気付かなかった。
先日お店があるのに気付き、早速行ってみた。

続きを読む

野郎ラーメン @浅草橋:こんな所にも野郎ラーメンが進出している、円錐形の野菜の山に極太平打ち麺、全部食べきれるかな 。


IMG_8654

浅草橋の野郎ラーメン。
本当は他のラーメン屋さんに行くつもりだったのだが、あいにくお休み。
駅前に野郎ラーメンがあったので、駅まで戻って入ってみた。
(最近、野郎ラーメンあちこちに出店しているなぁ。)

続きを読む

欽福 @両国:一言で言うと手軽に利用できるライトな二郎系、麺は180gだけどモヤシは300g入っていて十分ボリューム感あり。


IMG_5304

 両国の欽福。
ここは二郎インスパイア系のお店。
何度か夜に訪問したのだが、いつも閉店になっていて食べられなかった。

続きを読む

MAZERU @秋葉原:屋内駐車場の奥の雑居ビルの中にある行列のできるインスパイア系のお店、ブタが抜群の出来なのでビールがほしい。


IMG_3072

秋葉原のMAZERU。
ここも場所がよくわからず訪問できていなかったお店。
雑居ビルの中廊下に面したお店である。

続きを読む

【後編】ラーメン二郎 三田本店 @田町:24時間絶食で臨んだ年に一度の聖地巡礼、ラーメン二郎との格闘は秘技天地返しを繰り出すも、麺半分でさえ悪戦苦闘。


IMG_6990

(【前編】ラーメン二郎 三田本店 @田町から続く)

 

何でしたっけ?
ジロリアンの人間観察をしていると、今度は正式にトッピングを聞かれた。
(やっぱり聞き直された。)

 

再度「ニンニクなし、ヤサイで」と私。
午後は仕事なのでニンニクはなしにせざるを得ないのだが、まだ暑いこの時期、食欲が進むニンニクが入れられないのはつらい。

続きを読む

【前編】ラーメン二郎 三田本店 @田町:24時間絶食で臨んだ年に一度の聖地巡礼、反射的に呪文を唱える私、車で乗り付ける猛者に驚く等、ジロリアン観察。


 IMG_7037

ラーメン二郎三田本店。
いわずと知れたラーメン二郎の聖地である。
私は年に一度、健康診断にあわせてこの聖地を巡礼(?)することにしている。

 

健康診断なので、当然、前日夜から絶食。
お腹がすいている時に食べるので、若い頃は普通に二郎を1杯食べても平気だったのだが、ここ数年三田本店では小ラーメンの「麺半分」でさえ、きつくなってきた。
特にブタ2枚はきつい

続きを読む

【新店】野郎ラーメン @新宿:オープニングは長蛇の列、ラーメン激戦地新宿歌舞伎町にまた台風の目になるようなお店登場の予感。


新宿のラーメン店めぐりサイト →  新宿ラーメンTOUR

IMG_6728

新宿歌舞伎町の野郎ラーメン。
野郎ラーメンは神田本店、秋葉原、綱島、中目黒、川崎、海浜幕張と最近多店舗展開しているラーメン屋さんである。

今回歌舞伎町にお店が9月6日にオープンするということだったので、当日会社帰りに駆けつけてみたら、600食見事に売り切れ
が〜ん。
めげずに翌日再度トライすることにした。

続きを読む

【後編】ラーメン二郎 @新橋:「ヤサイ、ニンニクダブル」が通じず。ブタは硬いは油は多いはで難航するも暑い中なんとか完食。しかし先は長いの〜。


IMG_5659

 (ラーメン二郎 @新橋【前編から続く)

 

「ニンニク入れますか。」と店の人。

うっ。
不意を突かれてしまった。(笑)

「ヤサイ、ニンニクダブル」と私。
「ヤサイが普通の大盛りでニンニクがダブルですね。」と店の人に確認されてしまった。

反射的に旧亀戸風にコールしてしまったが、ここでは違うようである。

(私の後に入ってきた人は「ヤサイマシマシ」とコールしていた。)

続きを読む

【前編】ラーメン二郎 @新橋:暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。このクソ暑いのに二郎に行ってみた。


IMG_5625

 

新橋のラーメン二郎。
暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。
何度言っても、やっぱり暑い。

 

このクソ暑いのに何で二郎を食べんならんの〜。

仕方ない。
一度、二郎を食べ始めると、止まらなくなる性分である。

続きを読む