鶏そば 凛 @佐倉:第12回千葉ミステリーラーメンツアーPart2に参加してきました。ご飯やデザートもあるフルコース、メインは何とサザエのラーメン。


IMG_7790

千葉ミステリーラーメンツアーPart2に参加してきました。
2週間前の千葉ミステリーラーメンツアーPart1に続き、千葉の有名ラーメンブロガーのロッキーさん主催のラーメンツアーです。


さぁ、出発

IMG_7677IMG_7678

前回と同様、参加者は午後13:00に津田沼駅に集合。
今回は女性の参加者もいらっしゃいます。
一同はJRの改札に入って、上りの電車に乗車。

IMG_7681 IMG_7683

すると、船橋駅で下車、さて、どこに行くのやら。
今度は南口から京成線に乗り換え。 特急に乗り込みます。
(かなり遠いらしい。)

IMG_7684 IMG_7685

一行は佐倉で下車。
これで、お店がだいたい絞られてきた。
京成を降りると、今度はバスに乗るらしい。

IMG_7687 IMG_7697

このツアーで電車以外の交通機関を使うのは初めてでは。
バスを降りて、しばらく歩くと(というかこの時点でお店はバレバレ)、お店に到着。

 

お店に到着、やはりあのお店でした

IMG_7699

「鶏そば凛」2004年に開店したお店である。
ビジュアル的に美しいラーメンで一度行ってみたいと思っていたお店だが、さすがに佐倉なので遠くて行く機会がなかった。

IMG_7705

お店の前にご主人が出て来られてご挨拶。
一同、お店の中に入った。
カウンター席とテーブル席あわせてギリギリ全員座ることができた。

IMG_7721

まずは、水出し緑茶。
透明のグラスに氷が入って涼しげである。

IMG_7711

このお店はご主人と女性スタッフ2人で切り盛りされている。
このご主人、元中学校の校長先生とのこと。
厨房の中では手際よくラーメンが作られていく。

IMG_7712

 

「お品書き」によれば、1品目はトマトまぜそば

待つことしばし、ラーメンが着丼。
これは、ラーメンというよりはお洒落なサラダ。

IMG_7740

珍しい野菜が使ってある。 麺は黄色いストレートの細麺。
氷でよくしめてあってトマトの酸味とよくマッチしている。

 

2品目は揚げ鶏チャーシュー

IMG_7752

薄く衣がついている鶏は揚げたてで温かい。
塩味が適度に効いていて、これはビールに良く合うおつまみである。

 

そしてメインのあの食材が登場!

IMG_7765

3品目は本日のメイン、「春の磯の香り」。
厨房のご主人がなにやら持ち上げた。
なんと、サザエである!

IMG_7784

サザエのラーメンとは聞いたことがない。
厨房の3人によってチームワーク良くラーメンが作られていく。
しばらくして「淡麗サザエ鶏そば」が完成。

IMG_7796

このラーメン何と言ってもサザエが圧倒的な存在感である。
(おそらく塩味の)透明なスープが食欲をそそる。
さて、いただきます。

IMG_7807

麺は黄色いストレートの細麺。
塩味のスープにとてもよく合う麺である。

IMG_7801

スープは鶏をベースにしたクリアな味。
サザエからとれた磯の香りの出汁が実によくマッチしている。

 

ご飯とデザートもあるフルコース

次はご飯もの。
鶏白湯の雑炊である。

IMG_7842

つぎのラーメンを待っていると、厨房でなにやらご主人が作り始めた。
味噌を炒めているようである。 香ばしい香りがお店の中に立ち込める。

IMG_7846 IMG_7875
小皿にわけて出された炒め辛味噌を鶏白湯の雑炊に混ぜていただく。

IMG_7858

鶏白湯のまろやかなスープにピリッと辛い味噌が良いアクセントになっている。

IMG_7893

最後はデザート。
なんと鶏白湯のジュレである。
盛り付けが芸術的。

 

ライアンさんの意見

コストがかかり過ぎるので、サザエを使ったラーメンというのは史上初なのではないだろうか。
塩味が効いていて塩加減が絶妙な1杯でした。

噂は聞いていたけれども、遠くていけていなかったお店に行けてロッキーさん感謝です。ありがとうございました。

そしてご主人、ごちそうさまでした。
これからも、頑張ってください。

以上、ライアンでした。

 

《参考データ》
 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.