【新店】鶏そば朱雀:ラーメン不毛地帯下総中山にできた「食の道場」の卒業生のお店、少し白濁した塩ラーメンはクオリティ高いが、ボリューム不足が残念。


IMG_6340

下総中山の鶏そば朱雀。
今月オープンした新店である。
ラーメン不毛地帯といわれる下総中山にできた新店である。



 

オープン記念の鶏そば塩+鶏むすびセットを選択

IMG_6307

場所は下総中山駅の南口から線路沿いに西船橋方面に少し歩いたところ。
混んでいるということだったので、11時の開店少し前に到着。
この日は待っているお客さんはいなかった。

IMG_6311

お店の前にあった椅子に座って開店を待つ。
物珍しそうに新装開店のお店の中を覗き込む通行人が行き交う中、11:00に開店。
お店の人に声をかけてもらってお店の中に入り、券売機で食券を買う。

IMG_6321

オープン記念の「鶏そば塩+鶏むすびセット」(750円)を選択。
お店の人に食券を渡して麺を硬めでお願いした。
1人だったのに4人掛けのテーブル席に案内された。

IMG_6331

私の後に次々にお客さんが入ってくる。
後から来たお客さんはカウンター席に奥から詰めて座っていく。
(4人掛けのテーブル席に座ってしまって良いのか、グループ客がきたらどうしよう。(汗))

IMG_6326

 

店内は厨房の前のカウンター席に4人掛けのテーブル席が2つ。
新規開店直後なので、奥にはお祝いの花が飾ってあったりする。
厨房にはご主人と若い女性、ホール係は他に男女2人の合計4人。

IMG_6333

この規模のお店にしては多いので、オープニングスタッフのようである。
スタッフの皆さんはどこかぎこちない感じ。
厨房の中ではご主人の厳しい指導の声が飛び交う。

IMG_6337

テーブルの上には一味唐辛子、胡椒、それに柚子胡椒。

IMG_6324

そうこうしているうちに、鶏むすびが出てきた。
味がしみていて、もっちりした感じのおにぎり。
なかなか美味。

 

少し白濁した上品な塩ラーメン

IMG_6345

続いて塩ラーメンが着丼。
少し白濁した透明なスープにほうれん草が上品な印象。
穂先メンマが大きくコストがかかってそうな具材である。

IMG_6362

さて、いただきます。
麺は少し黄色いストレートの細麺。
三河屋製麺の麺らしい。
(よく見ると麺につぶつぶが入ってる?)

IMG_6352

スープは表面に油の浮いた(少し濁った)透明なもの。
鶏の出汁がよく出ている。
魚介系も入っているかな。

IMG_6358

チャーシューは脂身の入った少しレアなもの。
九州ラーメンのチャーシューによく似ている。
ただ、薄くて小さめでボリュームがないのが残念だった。

IMG_6366

あっという間に完食。

 

ライアンさんの感想

 

下総中山には本当にラーメン屋さんが少ない。
そんなラーメン不毛地帯にできた新進気鋭のラーメン屋さんである。

IMG_6369

ラーメン王 石神秀幸さんが塾長を務めるラーメン塾「食の道場」の卒業生ということで、期待して訪問したのだが、期待を裏切らないクオリティだった。

足りない点としてあえて言うと、ボリューム感かな。
ラーメンは鶏むすびのセットでもちょっと物足りない感じだったし、チャーシューも味は良いものの、もう少しボリューム感がほしいところ。

IMG_6314

看板にも書いてあったが、「とにかく、下総中山の人々に喜んでもらいたい。」をモットーにこれからも頑張っていただきたい。

以上、ライアンでした。

 

 

《参考データ》

 
 

マルちゃん 麺づくり 鶏だし塩 86g×12個 鶏塩ラーメン6食【送料無料】極上地鶏Wスープ大阪王将公式通販限定/メール便福袋冷凍餃子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.