華の蔵 @内房線千歳:海が目の前の大きな民家で食べるチャーシューが秀逸な本格的な喜多方ラーメン


IMG_5384_2

内房線千倉の「華の蔵」。
今回、ロッキーさん主催の房総ラーメンツアー(あやきよ応援ツアー)に参加することになり、その1店目。
このお店は数年前に家族ではるばるやってきてお休みだった課題店。



 

細い路地を通って海が目の前のお店に到着

IMG_5351_2IMG_5356_2

込み入った路地を車で入っていく。
わくわくしつつ、お店の前に到着。
このお店は千倉港の前にある。(つまり、目の前は海。)

IMG_5353_2

車を降りると、古い大きな民家が。
(網元のお屋敷という感じの邸宅)
壁には大きな看板が掛けてあり、それでラーメン屋さんであることがわかる。

IMG_5359_2IMG_5363_2

看板の脇を通って、玄関からお店?の中へ入る。
まさに玄関なので、靴箱とかがある。
「濡れた水着でのご来店はご遠慮ください。」とか書いてあって、海水浴客が利用していることが想像される注意書き。

IMG_5364_2

また、「お待ちのお客様は、お名前、人数を店内にお知らせください」と書いてあり、ウエイティングリストも置いてあったので、普段は相当待つお店のようである。
我々は11:00の開店直後だったので、待たずに入ることができた。

IMG_5419_2

えっ!マジで。
中に入っていくと、そこはまさに民家のお座敷。
仏壇の置いてあるお座敷でラーメンを食べるのである。
大きな座敷に置いてあるテーブル(座卓)の一角に我々ツアーの一行は座った。

IMG_5369_2

さて、何を食べようかな〜。
チャーシュー丼がついたランチセットに心惹かれたが、これから別のラーメン屋さんにも行かなければならないので、ここはグッと我慢、我慢。

IMG_5367_2
ということで、大人しく「らーめん」(700円)を塩でお願いした。
もちろん、麺は硬めで。

IMG_5372_2

厨房は入り口の脇にあって、一段低くなっている。
ネットの情報によれば、以前よりも厨房の位置が変わっているらしい。
よく見えなかったが、女性を中心に数人作業されているのが見えた。

IMG_5376_2IMG_5381_2
お昼が近くなって、続々お客さんが入ってきてあっという間に満席。
座れなかったお客さんは入り口で待つことに。
こんなお座敷で食事していると、帰省して実家で食事しているような錯覚に陥りそうである。

IMG_5375_2

テーブルの上には醤油、お酢、ラー油、胡椒、七味の調味料セット。
このお店は餃子も出しているので、醤油、お酢、ラー油はそれ用かな。

 

ローストしたチャーシューが実に秀逸!

IMG_5401_2

待つことしばし、ラーメンが出てきた。
(麺かたなので、私が一番先に出てきた。)
ナルトが入った喜多方風の塩ラーメン。

IMG_5387_2

表面に油の層があってこってりしてそう。
小ぶりのチャーシューが上品である。

IMG_5405_2

さて、いただきます。
麺は黄色いストレート麺。
硬めに仕上がっており、塩のスープに良く合う。

IMG_5391_2

チャーシューは脂身の多いロール状のもの。
柔らかくてジューシー、表面がローストしてある。
このチャーシューは秀逸だった。

IMG_5394

スープは表面に油の層ができている少し濁ったもの。
思ったよりも味がしっかりとしている。
動物系のスープで旨味がよく出ている。

IMG_5408_2

ボリュームが多く、食べでがある。
途中で唐辛子を投入して食べ進む。

IMG_5414_2

あっという間に完食。
この後、2軒回らなければならないので、スープは少し多めに残した。

IMG_5415

一緒に行った方のつけ麺(醤油)も見せてもらったが、麺が普通のラーメンと異なり、扁平太麺でこちらもなかなか美味しそうだった。

IMG_5411_2

 

ライアンさんの感想

IMG_5362_2

普通の民家を使って営業されているお店なので、どんな味なんだろうと思っていたが、味は本格的な喜多方ラーメンだった。
海水浴やゴルフ等で近くに行くことがあれば、寄ってみられるのをオススメします。

以上、ライアンでした。

 

《参考データ》
アイランド食品 箱入喜多方ラーメン大みなと味平4食入 640g 【送料無料】会津喜多方ラーメン館 ご当地 醤油ラーメン お土産 会津 福島 震災 復興 …


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.