八平の食堂 @茂原:(動画あり)ゴールデン麺ウィークに房総ラーメン日帰りツアー③ ニンニクとニラが強烈なスタミナ満点のアリランラーメンを初体験!



IMG_4798_2

(2店目から続く)

お腹がはち切れそうになりつつ、一行は3店目の「八平の食堂」に向かいます。
そのまま3店目に突入すると、間違いなくお腹がパンクしそうなので、時間調整をすることになりました。(笑)

 

お腹を減らすために時間調整中

 

IMG_4727IMG_4734_2

途中、大多喜に寄って、道の駅でソフトクリーム(300円)。
濃厚でなかなか、ここの人気メニューらしい。
(アイスは別腹)

IMG_4731_2

それでも、お腹が減らないので、次は八平の”秘境のお店”へGO!

IMG_4745_2IMG_4737_2

道に迷いそうになりなら何とか到着。
ここは、 まわりには何もなく、本当に”秘境”という感じ。
ここは正式には「らーめん八平」という名前で、八平のご主人の娘さんがやっていらしゃるのだとか。

IMG_4738 IMG_4743_2

時間帯が食事時とずれていたので、空いていたが、いつもはお店の前に長い行列ができているそうである。(順番がわからなくなるらしい。)
公共交通機関で来ることは不可能なのにスゴイ!

 

八平の食堂に到着、製麺の様子を目の前で見学できた!

 

IMG_4757_2

さて、いよいよ八平の食堂に到着。
はて、思ったより普通でこちらは”秘境”という感じではない。
(大きな道に面していて、お店も綺麗)

IMG_4747_2IMG_4755_2

駐車場の横に製麺所を発見。
Rockeyさんからご主人にお願いして、今回、特別に製麺の様子を見学させていただくことができました。

【製麺の様子】

なるほど、こうやって作られていくんだ〜。
製麺の様子を目の前で見るのは初めてかも。
麺って、ハサミで切るんですね。

 

IMG_4767

製麺所の横に冷蔵庫があり、ここで2日ほど熟成させてから使うのだそうである。
ちなみに八平には3店(八平の食堂らーめん八平味覚)あり、ここから麺が供給されているとのこと。

IMG_4775_2

いよいよ一行はお店の中へ。
奥の座敷のテーブルに座った。
かなり時間を空けたのだが、私も含めてみなさんお腹いっぱいの様子。

IMG_4782_2

私はアリランラーメン(750円)を注文。
一行の中でまだ元気なRockeyさんともうお一人はアリランチャーシュー(1,000円)を頼んでいた。 (私はお腹がパンパンでチャーシューは無理。)

IMG_4787_2

店の中は、木目とクリーム色を基調とした明るい雰囲気で、清潔感が漂う。
先に行った「秘境のお店」(らーめん八平)を見て、勝手にアリラン峠の幻のラーメン屋さんを想像していたので、イメージと違って、ちょっとびっくり。

IMG_4778_2

テーブル席が多く、駐車場も広いので、家族連れでも大丈夫そうである。
厨房の中には有名なご主人と女性が1人、他にホール係の若い女性が1人というスタッフ。 
手際よくラーメンが作られていく。

 

ニンニクがすごいことに、「麺かた」にしなかったのが少し心残り

 

IMG_4792_2

待つこと、しばし、ラーメンが出てきた。
自分では頼まなかったけど、チャーシュー麺うまそ〜。

IMG_4807_2

自分の分のラーメンも出てきた。
表面には玉ねぎがびっしり浮かぶ。
赤っぽいスープに中央の白髭ネギが載ってビジュアル的にはバッチリ。

IMG_4817_2

さて、いただきま〜す。
麺は中太の黄色いストレート麺。
もちろん、先ほどの自家製麺である。

IMG_4822_2

ただ残念だったのは、麺が柔らかかったこと。
「麺かた」派の私としては、「麺かた」を他の部べきだった〜と少し後悔。(涙)

IMG_4810

スープは醤油ベースのピリ辛。
ものすごくニンニクが効いている。 固形のニンニクの他に、スープにもすりおろしニンニクが入れてある。 (明日、臭いそう。)
イメージ的には船橋ソースラーメンに近いものがあった。

IMG_4780_2

見た目、とても辛そうなのだが、見た目ほどは辛くない。
刺激が足りない人用に追加で入れる辛い味噌も置いてある。
へとへとになりながら、食べ進む。
一同、無言。(笑)

IMG_4825_2

なんとか、固形物を完食。
スープをだいぶ残してしまった。

 

ライアンさんの感想

 

IMG_4761_2

アリランラーメンというので、韓国の人がやっているラーメン屋さんだとずっと思っていましたが、ご主人は日本の方でした。

IMG_4829_2

昔、韓国に「アリラン峠」というのがあり、その峠にまるわる歌があったそうです。 このお店の場所も峠にあり、元気を出さなければ峠を超えることはできないと思い、スタミナのつくものをということでこの名前になったのだそうです。

ゴールデンウィークももう終わり。
明日からの仕事の”峠”を超えるため、たっぷり(3杯も!)ラーメンを食べてスタミナも満タンになりました。

Rockeyさん、それから一緒に同行された皆さんお疲れさまでした、そして訪問したお店の方々、どうもありがとうございました。

とても楽しかったです。
良いゴールデンウィークの思い出になりました。

 

(2店目に戻る)

(1店目に戻る)

 

【関連記事】

ラーメンツアーを企画された『Rockyさん』の記事はこちら

ツアーに同行された『つけMen野郎さん』の八平の記事はこちら 

 

 

八平食堂の動画を集めてみました → 八平食堂の動画はこちら

 

 《参考データ》

 

農心 辛ラーメン(韓国版) 20袋(5袋入×4)セット

 

 ●お一人様2セット限定●『農心(ノンシム)』辛ラーメン(▲セット 5入) <韓国ラーメン>

 


IMG_4770

6/6、7 ほたる祭やるそうです。



 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.