【JR中央総武線 ラーメンTOUR】第1回 津田沼: ①なりたけ、②必勝軒、③無限大、千葉県屈指のラーメン激戦区。これからシリーズで書いていきます。



DSC01625

こんにちは、ライアンです。
さて、私は日頃、千葉と東京を中心としたラーメン屋めぐりをしています。
私が食べ歩いているラーメン屋さんは、だいたいJR中央・総武線の駅が中心です。(地図で見るとこんな感じかな。)

スクリーンショット 2014-08-02 09.41.50

具体的には、通勤経路に沿って総武線沿線、千葉の津田沼から新宿の少し先までが私の「私の守備範囲」という感じでしょうか。(笑)
これから数回に分けてシリーズで「私の守備範囲」の駅のラーメン屋さんをご紹介していきたいと思います。

 

と、いうことで第1回は津田沼。
私の独断と偏見で津田沼のお店をご紹介しましょう。

(お店の名前にリンクが張ってあるので、クリックすると私の書いたブログの記事に飛びます。)

 

 

私の選んだベスト3

 

なりたけ

津田沼というとこのお店。
浅草の弁慶で修行されたオーナーが始められた背脂チャチャ系の名店。千葉や本八幡、錦糸町の他に何とパリにも支店がある。
醤油と味噌が選べるが、味噌がオススメ。
寒くなるとここの味噌ラーメンの硬めが食べたくなる。

 

私がラーメンの食べ歩きを始めるキッカケになったお店である。

 

必勝軒

津田沼の南口だとこのお店。
東池袋と永福町の2つの必勝軒で修行されたマスターが有名。
マスターが大けがをされて一時休業していたが、2014年1月から再開。
行くと必ず10人くらいの行列ができているが、接客は完璧。
ラーメンともりそばは普通盛りで麺2玉とボリュームあり。
スープが曜日によって変わる。
ここも津田沼を代表するお店。

無限大

IMG_2079系列的には大勝軒角ふじ系のガッツリ系のラーメン。
店名は大盛りを無限大まで増量できることに由来する。
普通盛りで野菜増しにしなくても、円錐形のもやしの山のラーメンが登場する。
私は昔、脂身の多い豚、かつお節の入った魚介系ラーメンは食べられなかったのだが、ここのラーメンを食べてから食べられるようになった。
当時はしょうゆ漬けされたニンニク(自由に入れられる)も衝撃的だった。

 

この3つが津田沼のベスト3かな。

 

 

その他 ベスト10

 

栄昇らーめん

南口というか京成津田沼の駅が近くにあるお店。
魚介系のラーメンがメインのお店。
「煮干しらーめん」「あごだしらーめん」「節仕込みらーめん」「魚だし塩らーめん」と魚介系ラーメンだけでも4種類もある。
つけ麺は14:30からの提供。
津田沼では外せないお店の1つ。

 

津田沼のらーめん酒場親父の塩

京成津田沼にあった「親父の塩」が名前も新たに「らーめん酒場 親父の塩」として移転開店。
雑誌にも良く載っている塩ラーメンの名店。
らーめん酒場というだけのことはあって、生ビール、サワー飲みもの2杯、おつまみ、餃子3個に旨塩らーめんがついている、ほろ酔いセットなんていうのもある。

 

旭川ラーメン好

ラーメン雑誌にはこのお店では塩ラーメンをオススメと書いてあることが多いのだが、私は断然味噌ラーメンが良いと思う。
チャーシューはオーブンで表面をローストしたもの。
広い厨房のお店はご主人が1人切り盛りしておられ、オペレーションが大変そう。
船橋ソースラーメンプロジェクト参加店。

 

九十九ラーメン

IMG_3807恵比寿が本店のこのお店は出来て10年くらいたつと思う。
最初の頃は行列が途切れないお店だったが、現在は普通。
博多とんこつ、家系、札幌味噌と提供されるラーメンの種類が多い。
さらにチーズラーメンというのまであり、コンセプトがよくわからない。(笑)

 

 

魚骨らーめん 鈴木さん

IMG_2074お店の作りも屋根が低いプレハブみたいな建物で、なんだか入りにくいのだが、開店前には行列ができる等、繁盛しているお店。

秋刀魚まぜそば、とか梅昆布茶つけ麺とかひとひねりしたメニューが人気。

お客さんへのサービスも実に行き届いており、冷たいおしぼりを出してくれたりとか、帰りに飴をくれたりとか、なかなかきめ細かい。

鈴木姓の人にはトッピングがサービスになったりする。

 

 

 

九州らーめん 南木商店

IMG_1717青ネギ、きくらげ、海苔が入ったビジュアルは九州ラーメンっぽい。熊本ラーメン風らしいのだが、マー油が黒く浮いているというわけでもない。(なぜか背脂が浮いていたりする。)九州ラーメンが苦手な人には、重ね魚だし醤油ラーメンというのもある。大盛りは無料、お昼ご飯ものがついたランチがお得。

 

 

健勝軒
津田沼の駅の前にある大勝軒系のお店。
(千葉寄りの駅のホームから看板が見える。)

店内はカウンターのみ7席でとても狭い。
海浜幕張の前勝軒等を展開している麺屋こうじグループの大勝軒系のお店らしい。

 スープ割りに干しえびとネギも追加してくれて良心的。

 

 

 

 

その他のお店

 

ひよこ屋

南口のモリシアというショッピングセンターのフードコートに出店しているラーメン屋さん。
鎌ヶ谷大仏の鶏坊屋というラーメン屋さんの系列のお店。

 

 

 

手打ちらーめん福一

以前は珍来というお店だったのだが、経営が変わったらしい。
「今月のサービスメニュー」がお得。

 まわりは、なりたけ、親父の塩、南木商店があり、ラーメン激戦地である。

 

中国麺家

IMG_1675津田沼パルコ6階のレストラン街にあるお店。
テーブル席が多く、家族連れで気軽に入ることができる。
名前の通り麺類が中心の中華料理店だが、おつまみや一品料理も充実している。

 

 

ばんから

IMG_4684フォルテというショッピングモールの中にあるお店。
新宿や秋葉原にもお店がある背脂醤油ラーメンのお店。

謎の呪文「ラーメン、ラーメン…」「ばんから、ばんから…」?

 

 

⑮裏我馬ラーメン

IMG_1723駅の近くにある魚介系ラーメンを提供するお店。
今では珍しくなくなってしまったが、出来た当時は珍しかった。
「裏」というくらいなので、普通の我馬ラーメン(本店?)というのも津田沼にある。

 

 

中華食堂日高屋

いわずと知れた日高屋、もちろん津田沼にもある。

餃子とビール、さらに麺類も頼むとカロリー取り過ぎ。(笑)

 

 

 百楽門

IMG_3531_2一品料理とランチが美味しいのだが、ラーメンはちょっと疑問?

でも、良いお店です。

 

 

 

ライアンさんの感想

 

通勤経路の駅のラーメン屋さんをいつも食べ歩きして、バラバラと記事を書いているのですが、ちょっと駅毎に整理してみたいなぁと思って書いてみました。

IMG_1713

千葉県屈指のラーメン激戦区だけあって、こうして書いてみると、津田沼は良いラーメン屋さんが多いですね。(名前が知れているお店も多い。)
近くで、こんなおいしいラーメンをいつも食べることが出来て、私は幸せなのかもしれません。

これからも不定期ですが、中央線・総武線の駅毎のまとめ記事をシリーズ物で書いていきたいと思います。

次は東船橋ひがしふなばしぃ〜

 

 以上、ライアンでした。

 

《参考データ》 

 詳細および地図に載っていないお店は私のリンク記事(店名をクリック)をご参照ください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.