大衆らーめん酒場 めん屋 桔梗 @新宿:つけ麺は特盛までサービス、辛さも選ぶことができ、味玉もついているので、コストパフォーマンスは良好。



新宿のラーメン店めぐりサイト →  新宿ラーメンTOUR

IMG_9622

新宿のめん屋 桔梗。
お店の場所は新宿のはずれ、大久保に近い場所。
こんなところにラーメン屋さんあったっけ。

と、思いつつ歩いていくと、確かにそのお店はあった。
外観はラーメン屋さんというよりは居酒屋さん。
看板の名前も大衆らーめん酒場とあり、ラーメンとお酒を出すお店のようである。

ラーメン屋さんというよりは居酒屋

IMG_9590

「ラーメンだけでもOK」と書いてあったので、私のようなラーメン目当ての人でも大丈夫らしい。
入りづらい雰囲気なのだが、おそるおそるお店の中に入る。

IMG_9686

休日の夕方早い時間なので、お客さんはほとんどいない。
お店の人に案内されて、空いているカウンター席に座った。
つけ麺が看板のお店らしく、つけ麺の種類が豊富。 大きく塩、醤油、激辛とあり、辛いものを食べたい気分だったので、辛つけ麺をお願いした。

IMG_9600

ふと、メニューを見ると、全品780円とある。
大盛り(510g)特盛り(680g)、2カラ(辛さ2倍)3カラ(辛さ3倍)ともに同じ値段らしい。

 

普通盛りの普通の辛さでオーダーしていたので、急遽、特盛りの3カラのハイスペックな(?)つけ麺に変更してもらった。
(作り始めていたのに、すみません。)

IMG_9597

厨房には男性が1人、他にホール係の女性が1人、その他にお店の人らしく女性が出入りしていた。
話す言葉からして、中国系の人らしい。

IMG_9616IMG_9619

 

店内は細長いカウンター席とテーブル席が4卓ほど。
壁におつまみのメニューが所狭しと貼ってあって、なんだか異様な感じ。(笑)
後から入ってきたおじさんがボトルキープの焼酎を飲みつつ、つまみをいくつか頼んでいた。

IMG_9611IMG_9608

ラーメン屋さんというより飲み屋さんの方に比重を置いたお店のようである。
テーブルの上には醤油、お酢、ラー油の餃子用調味料セットに胡椒と唐辛子。
一般的は調味料ラインナップ。

 

3カラは予想以上に辛い、特盛もボリューム満点

IMG_9622

待つ事しばし、つけ麺が出てきた。
立派なお盆に載せられて、割りスープまで先についている。
麺も特盛でデカいがつけ汁の器もデカい。

IMG_9659

さて、いただきます。
麺は少し黄色いストレートの超極太麺。
角ばっていて、コシの強い麺である。

IMG_9630

 

さすがに特盛680g、量が多い。
全部食べるのに骨が折れる。
欲張らずに大盛りくらいにしておけばよかったかな。

IMG_9648

つけ汁は激辛。
つけ汁が唐辛子で真っ赤である。
甘みとか旨味がない辛さなのでかなりきつい。

IMG_9632

 

頭皮から汗がふき出してきた。
こりゃ、辛過ぎたかな。

IMG_9641

チャーシューは脂身が少ない柔らかいもの。
枚数も多く、ボリュームがあったが、味はイマイチ。

IMG_9655IMG_9666

つけ汁の底をさぐると味玉が入っていた。

IMG_9668

あっという間に完食。
辛過ぎてスープ割りを飲む気になれず。

IMG_9675

 

ライアンさんの感想

IMG_9683

このお店、昔からあるようなのだが、全然知らなかった。
ラーメン屋さんというよりは飲み屋さんに近いお店のようだったが、ラーメンのメニューも充実していた。

IMG_9679

肝心のつけ麺は3カラを選んだのが失敗。
普通の辛さのものか、オススメの塩つけ麺にすれば良かったかもしれない。

このお店のつけ麺、特盛で味玉もついている等、コストパフォーマンス的には良いのではないだろうか。

以上、ライアンでした。

 

おまけ:激辛つけ麺動画

 

《参考データ》

 

 

お取寄せ激辛ラーメンセットは → こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.