【新店】松戸富田製麺 @南船橋:大つけ麺博 日本一決定戦優勝の超有名店が船橋初出店。真空低温燻製チャーシューは絶品だった。



 IMG_7232

南船橋の松戸富田製麺。
先月出来たばかりの新店である。
名前が示すとおり、あの「松戸とみ田」のグループ店。

ららぽーとTOKYO-BAY(船橋)のリニューアルに伴って出店したようである。
話題になっているようなので、早速行ってみた。

 

 ランチタイムを外しても長蛇の列

うちからだと近いのだが微妙に距離があるので、車で。
(電車だと乗換が面倒)
それでも、わざわざ松戸まで行かずに済むのはありがたい。

IMG_7311

ららぽーとの南館1階らしいのだが、見つからない。
(広いので疲れる)
建物の中からは行けないようで、一度外に出て中庭みたいなところにお店を発見。

 IMG_7305IMG_7303

小雨がパラついていて、ランチタイムも過ぎているのに凄い行列。
20人、中にも並んでいるので、もっといるかもしれない。
さすが「とみ田」。
(ランチタイムとか一体何人並んでいるんだろう。)

IMG_7215

私も行列に並ぶ。
・・・ (かなり待った)
列が進んで、お店の人に案内されて中に入って券売機で食券を買う。
デフォルトのラーメンで良かったのだが、駐車場の無料券が1,000円だったので、濃厚特製つけ麺(1,050円)にした。

 IMG_7208

店内で再び並んで、案内されたカウンター席に座る。
厨房にはスタッフが4、5人、洗い物専用の受け渡し口もあり、そこにも1人。
ホール係が男性、女性あわせて3人。

IMG_7290

たぶん、全部で10人くらいスタッフがいるのではないか。
まあ、これだけ並んでいると、このくらいの人が必要なのかも。

 IMG_7204

店内は厨房の前のL字型のカウンター席と、衝立てを挟んで食べる大きなカウンター席、それとテーブル席。
全部で40、50人くらいは一度に座れるのではないか。

 IMG_7211

インテリアは白木を用いたテーブルや椅子、和風のテイストを残しつつ、とても明るい内装である。
オープンから間もないこともあり、店内にはお祝いのお花が飾ってあった。

 IMG_7219

テーブルの上には醤油、お酢、ラー油の餃子セット、他に胡椒と唐辛子。
比較的オーソドックスな調味料のラインナップである。
ちなみに、このお店普通の2倍くらいあるビッグ餃子が名物らしい。

 

チャーシューは絶品、麺は並みだと少なめ

 IMG_7242

待つ事しばし、つけ麺が出てきた。

おーっ。

やはり、一番目を引くのはチャーシュー。

 IMG_7234

麺を覆い尽くさんばかりの大ぶりのチャーシューである。
白と赤の2種のチャーシュー。
個性的なつけ麺である。

 IMG_7264

さて、いただきます。
麺は少し黄土色がかった超極太ストレート麺。
さすがにコシがあってうまいのだが、松戸のとみ田で食べた時のような感動がない。(何でだろう?) スープは濃厚魚介。

IMG_7248

ドロドロの魚介スープは魚粉の粉粉した感じがあまりない。
柚子が入っているようで、後味が爽やか。
醤油は茨城県つくば市の沼屋本店のものを使っているらしい。

IMG_7263

チャーシューは鶏と豚の2種。
豚の方は三元豚を使った真空低温燻製チャーシュー。
桜色に仕上げられた肉はローストビーフのようで絶品。

 IMG_7258IMG_7273

これは別に出してもらってビールを一杯飲みたいところ。

あっという間に麺を完食。
でも、つけ麺普通盛りで220gはもの足りない。

 IMG_7271IMG_7282

スープ割りももらえるようで、お願いして飲んでみた。
元がとても濃厚なのでよくわからなかったが、スープで飲むと、ああ、こんな味なんだなと再認識した。

 IMG_7285IMG_7289

本当に完食。
混んでいるので、そそくさと退出。
帰り際に厨房をのぞくと富田オーナーの顔が見えた。

IMG_7298

表に出てみると、あいかわらず20人以上の行列ができていた。

 

ライアンさんの感想

基本的には魚粉の効いた”お前もかつけ麺”(私は苦手)なのだが、さすが昨年の「大つけ麺博 日本一決定戦」優勝のお店だけあって、うならせるものがあった。

IMG_7255

特に真空低温燻製チャーシューは絶品(豚の方)、麺の量が並み盛りだと少しもの足りないかな。

IMG_7221

とみ田グループなので接客はこだわりがあり、オペレーションもそつがなかった。
近くに「とみ田」が出来て嬉しいことである。

以上、ライアンでした。

 

プチ情報:駐車券はお店を出る時(食後)に済みの食券をお店の人に渡せばレシートのような紙をくれます(機械に差し込むカードではない)。駐車場を出る時の改札機は無人なので、大丈夫かなと心配しましたが、駐車券に電磁的に登録してあるようで、駐車券を差し込むと無料でゲートを通過できました。

 

おまけ:中華蕎麦とみ田の動画

 

《参考データ》

 

 お取寄せ「中華蕎麦とみ田」のつけ麺は → こちら

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.