【新店】らーめん酒場 親父の塩 @津田沼:塩ラーメンの名店がいつの間にか京成津田沼から移転開店、秀逸の塩ラーメンは健在、飲み物とラーメンのほろ酔いセットが気になる。



IMG_2424

津田沼のらーめん酒場親父の塩。
京成津田沼にあった「親父の塩」が名前も新たに「らーめん酒場 親父の塩」として先月12/20移転開店

ラーメン屋さんというよりは、飲み屋であわせてラーメンも出すような感じに業態変更。
前のお店は私も行ったことがあるのだが、京成線のいわゆるシャッター商店街みたいな所で、場所もあまり良くなかったので、今回移転したのかもしれない。
(と、いっても今回の場所も津田沼の歓楽街でガラが良い場所ではないのだが…。)

 

客引きを振り切って、お店の前に到着

IMG_2385

駅から客引きのお兄さんを2、3人振り切って、お店の前に到着。

ここか〜。
赤い派手な壁が目を引く。
(垂れ幕は前のお店のものだな、きっと。)

IMG_2402IMG_2391

窓は結露していて、外からは様子が良くわからない。
そういえば、前のお店も空調が悪くて、店内がムシムシしていたなぁ。
なんて、前のお店のことを思い出した。

 

見た事のあるご主人を発見!

 

IMG_2412

お店の中に入ると券売機はなく、空いているカウンター席を案内された。
店内は広々としていて、ラーメン屋さんという雰囲気は全くない。
大画面テレビに洋物のビデオが流れている。

IMG_2421

メニューを見て、人気No.1の旨塩らーめん(650円)にした。
親父の塩らーめん(750円)、赤塩らーめん(750円)というのも気になったが、とりあえずデフォルトのラーメンにすることにした。

 

当然、麺は硬めでお願いした。
厨房には男性3人、女性2人、他にホール係が2人? なんだかやたら人が多い。
お客さんより従業員の方が多いんじゃないか。
(お店は広いし、経営大丈夫か?)

IMG_2483

ふと、見上げると厨房には見た事のあるおじさん。
京成津田沼の親父の塩のご主人である。
若いスタッフはなんだか、たどたどしいがこのご主人はさすがにしっかりしている。
(確か、前のお店も脱サラされて始められたんじゃなかったかな。)

 

ほろ酔いセットが気になる。

IMG_2408

カウンター席には男女のカップルと中年のおじさんが一杯やりながらラーメンを食べている。
このお店には、生ビール、サワー飲みもの2杯、おつまみ、餃子3個に旨塩らーめんがついている、ほろ酔いセット(1,480円)というのがある

IMG_2877

隣に座っている、このおじさんはこれを頼んでいるらしかった。
ちょっと気になるセットである

IMG_2479

店内は妙にだだっ広い。(笑)
カウンター以外のテーブル席も革張りだったり、テーブルとテーブルの間もやたら間隔が空いている。

観葉植物が置いてあったり、畳の座敷があったり、前はどんなお店だったのだろう?

IMG_2417

テーブルの上には醤油、お酢、ラー油の餃子用セットと胡椒の調味料ラインナップ。
餃子も美味しいのかな。

 

器が変わった以外は前の味、チャーシューが美味しくなった。

IMG_2437

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。
これこれ、見た覚えがある。 油が浮いた透明なスープに白鬚ネギ。
ちょっと硬そうなオレンジ色の黄身が印象的な味玉。
前は凝った楕円形の器だったが、今回は普通の丸いものに変更になっている。

IMG_2461

さて、いただきます。
麺は黄色い少しウエーブした細麺。
カドが残っていて、塩味のスープに絡みやすそうな麺である。
麺カタに仕上がっている。

IMG_2444

スープは油の浮いた塩味のもの。
けっこう塩っぱくてパンチが効いている。
そうそう、この味、思い出した。

IMG_2468

鶏と魚介がベースかな。
冬らしく、柚子の破片が入っていた。

IMG_2449

チャーシューは脂身が多いレアなもの。
小さいけれど、チャーシューも美味しい。
柔らかくて、外側に味が染みている。
(以前はとても硬かった。)

 

ライアンさんの感想

IMG_2473

あっという間に完食。
このお店、前から知っていて、ラーメンの雑誌にも塩ラーメンの名店としてよく載っていた。
久々に食べたこのお店の塩ラーメンは昔のままで、とても美味しかった。

IMG_2454

スープや麺、チャーシュー、味玉といった1つ1つのパーツが実に手間をかけて作ってあるという印象を受けた。

ラーメンは美味しいので、あとはお店の運用かな〜。
前のお店もオペレーションがイマイチだった。)

IMG_2405

津田沼駅北口はなりたけを筆頭に九十九ラーメン南木商店旭川ラーメン好魚骨ラーメン鈴木さん、といった人気店が立ち並ぶラーメン激戦区である。
せっかく良い場所に引っ越してきたので、是非末永く頑張ってほしいものである。

以上、ライアンでした〜。

(参考記事)

2011.12.11 「らーめん 親父の塩 @京成津田沼」

 

おまけ:塩ラーメンの動画

 

《参考データ》

らーめん酒場 親父の塩

住所:千葉県船橋市前原西2丁目13-1 藤和津田沼コープ102

営業時間:18:00〜翌3:00(LO 2:30)

定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)


大きな地図で見る

 

お取寄せ塩ラーメンは → こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.