中国麺家 @津田沼:津田沼パルコのレストラン街にある中華屋レストラン、「冬の旬、あったか食材メニュー、サンマー麺」というコピーに惹かれて入ってみた。



IMG_1718

津田沼の中国麺家。
このお店は津田沼パルコ6階のレストラン街にあるお店。
家の近くなのだが1回も入ったことがなかった。
「冬の旬、あったか食材メニュー、サンマー麺」というコピーに惹かれて初めて行ってみた。

 

遅い時間だけど結構繁盛している。

 

IMG_1675

週末の遅い時間で、閉店間際なのだが、家族客等がお店に入っていく。
私もお店の中へ。
こんなお店なので券売機はなく、店員さんが空いている席に案内してくれた。

IMG_1690

お店の人がメニューを持ってきてくれたが、もちろんサンマー麺をお願いした。
いつものように麺は硬めで。
普通の中華レストランなので、直接厨房は見えない。

 IMG_1703

ホール係の男性スタッフが2名ほど。
結構お客さんがいるので、忙しいらしく、注文を聞いてもらうのに時間がかかった。
普通のラーメン屋さんのようにキビキビした感じではなく、どちらかというとファミレスのような応対。
(ちょっとモタモタ感あり。)

 IMG_1683IMG_1687

店内は遅い時間にもかかわらず8割くらいの入り。
(私が頼んだ後、すぐにラストオーダーになった。)
家族連れとかいる。
価格が手頃なせいか、繁盛している様子。

IMG_1712

テーブルの上には、胡椒、辛子の他にお酢、ラー油の餃子のタレセット、という調味料ラインナップ。

 

小皿料理等のおつまみや飲み物も充実。

IMG_1678

メニューはお店の名前のとおりラーメンが中心だが、ちょっと一杯飲んでいこうというおじさん向けのメニューも充実している。

IMG_1708
17:00から提供される、100円〜、300円〜、390円〜という価格帯毎のオススメ中華小皿や、中生に枝豆と餃子がついた生ビールセット(580円)は魅力的。

 

はて、このサンマー麺、広東麺や五目そばとどう違うの。

 

調べてみた。

サンマー麺は横浜市中区が発祥、神奈川県を中心に食べられているご当地ラーメン。
(「多摩川以南、富士川以東の特に太平洋沿岸地域で多く食べられている」とWikipediaに書いてあったのには笑った。)

醤油味のラーメンに野菜や肉が入った、片栗粉でとろみがついた餡がかけてあるのは広東麺や五目そばと同じ。

ただ、サンマー麺はもやしが必ず入っているのが特徴。
ちなみに具にサンマは入っていない。(笑)

 

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。

IMG_1720

おおっ。
サンマー麺だ。

うんちくはこのくらいにして、さて、いただきます。

 IMG_1750

麺は黄色いストレート細麺。
硬めに仕上がっている。
熱いのでやけどしそうである。

 IMG_1730

スープは醤油味。
なんというか、日本人が好きそうなポピュラーな醤油味である。

IMG_1744

チャーシューはなくて、片栗粉でとろみのついた餡がかかっている。
もやしももちろん入っているのだが、控えめ。
ニンジンやきくらげ、白菜等、盛りだくさんの野菜。
肉も入っていて、どちらかというと広東麺や五目麺に近いラーメンである。

 IMG_1756

ライアンさんの感想

あっという間に完食。
熱くて、食べていて汗がでてきた。

身体がポカポカして、野菜もとれるし、レストラン街の中華料理屋さんならではの健康にヨサげなラーメンである。

IMG_1761

 

スクリーンショット 2013-12-29 11.51.00 サンマー麺の動画を集めてみました → サンマー麺の動画はこちら

 

《参考データ》

 

お取寄せサンマー麺セットは → こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.