【閉店】麺や大関(仮名)@津田沼必勝軒:練習営業も年内いっぱい、お試し価格で食べられるのもあとわずか、今のうちに行っておこう!



 (このお店は現在閉店しています。)IMG_0911

津田沼の大関(仮名)@必勝軒。
必勝軒の小林店主がアクシデントで倒れて半年。
その後どうなっているのやらと思っていたら、

先日、千葉拉麺通信の掲示板に、こんな投稿を発見。

麺や大関と津田沼必勝軒の情報」usidon  – 13/11/25(月) 14:49 –

(仮称)麺や大関は、12月いっぱいで営業を終了いたします。新店開業に向けて準備に入ります。詳細が分かり次第、投稿いたします。

津田沼必勝軒店主、小林さん(こばぴょん)の具合ですが、松葉杖なしで歩行する訓練中だそうです。
来年1月には、お店を再開したいと日夜リハビリに励んでいるようです。
こちらも詳細が分かり次第、投稿します。

 

(千葉拉麺通信 サブ会議室より引用)http://www.chibaraumen.com/c-board/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=14309;id=sub1


営業は年内いっぱいとのことだったので、やっているうちに行ってみようと思い、久々に津田沼必勝軒、いや麺や大関を訪問。

IMG_0955

お昼前にお店に到着。
予想通りお店の前には10人ほどの行列。
置いてある椅子に座って並ぶ。

 IMG_0877IMG_0878

相変わらず繁盛しているようである。
私の直前まではスムーズに進んだのだが、入れ変わりの切れ目だったせいか、結局20分ほどかかって入店。

IMG_0895

案内された奥のカウンター席に座る。
奥さんに注文を聞かれ、「もりそば」(700円:お試し価格)をお願いした。
(ここは券売機はなく、直接注文する方式。)

 IMG_0882

厨房には大関さん(吉岡さん)と奥さん。
忙しく仕事をしている。
そんな中にもお客さんへの笑顔を忘れないのはさすがである。

IMG_0940

L字型のカウンター席はもちろん満席。
小さい子供連れのお客さんもいるのだが、幼児用の座椅子があったりする。
そんなお客さんへの細かい心遣いを忘れないのがこの店のすごいところである。

IMG_0885

奥には製麺機、なかなかこの席に座れないので、今日は貴重な1枚を写真に撮ることができた。(ラッキー)
先に隣のラーメンが出てきたのだが、もりそば、もう少しお待ちください。」と細やかな心配りの大関さん。

 IMG_0912

待つ事しばし、もりそば(つけ麺)が出てきた。
おおっ。
まさしく必勝軒のもりそば。

IMG_0901

普通盛りにしたけど、少し少ないような気がする。
やっぱり、大盛りにしておけばよかったかな。

IMG_0933

麺は中太のストレート麺。
少し透明感のあるつやのある麺である。
最近の極太麺が多いつけ麺の麺にしては細い部類に入る。

IMG_0921

スープは魚介系のバランス(魚介、鶏、豚)スープ。
このスープ普通のラーメンにすると、かなり塩っぱいのだが、このくらいの塩っぱさが私は好みである。

IMG_0927

チャーシューは脂身の少ない薄くて小さいもの。
つけ汁の中に破片が4、5個入っていた。
この辺が必勝軒も含めて、もう少し頑張ってほしいなぁと思うところである。

 

IMG_0936IMG_0950

あっという間に完食。
「麺や大関(仮名)」の営業は年内いっぱいで、この後は正式な新店開店に向けてのに入るとのこと。


IMG_0887

まねき猫と小林マスターの写真



ケガで療養中の必勝軒の小林店主もリハビリに励まれており、1月にはお店を再開される見込みだそうです。
麺や大関の営業もあとわずか、練習価格で食べられるのも今のうちかも。

IMG_0964IMG_0961

 

(参考記事)

2014.1.11 必勝軒 @津田沼:ついに復活、津田沼必勝軒!半年間の休業を経て小林店主が復帰、少しやせられたけど元気そう、トークはあいかわらず絶好調。

2014.1.4  津田沼必勝軒再開! いよいよ1月6日(月)夜から営業再開、あわせてイベントを開催するそうです。麺や大関の本格営業開始にも期待。《引用記事》

2013.12.8  【練習営業】麺や大関(仮名)@津田沼必勝軒:練習営業も年内いっぱい、お試し価格で食べられるのもあとわずか、今のうちに行っておこう!

2013.10.12 ラーメンWalker千葉2014年度版を買ってみた。「本気(ガチ)ランキング」「房総ラーメンの旅」等、盛りだくさん、14,000円相当の「得クーポン」だけでもお得!

2013.7.13 【練習営業】麺や大関(仮名) @津田沼必勝軒:小林店主倒れる!の衝撃のニュースから3週間、練習営業は順調そう、ラーメンはもちろん大満足。

 

 

おまけ:大勝軒動画

 

《参考データ》

麺や大関(仮称)@津田沼必勝軒

住所:習志野市津田沼2-5-9

営業時間:11:00〜15:00

定休日:月曜・日曜・祝日

 


大きな地図で見る

大勝軒のラーメン・つけ麺のお取寄せは → こちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.