【新店】大勝軒next @渋谷:本格的な勝浦タンタン麺と大勝軒のつけ麺の夢のコラボレーションが実現!但し、個人的には辛さがもう少しほしかった。



IMG_8805

渋谷の大勝軒next。
今月(10月1日)出来たばかりの新店である。
勝浦タンタン麺を出すお店ということで早速行ってみた。

 

アプローチ

 

渋谷の駅から明治通りを恵比寿の方に歩く。
この方向のお店は見つからなかったり、閉店になっていたりで、相性が悪いんだよな〜。

 IMG_8763

なんて思いながら、行列が出来ている「やすべえ」の前を通り過ぎ、歩いていくと、そのお店はあった。
大勝軒らしくない(笑)モダンな「大勝軒next」の看板。

 

大盛り(500g)までサービス、勝浦タンタンつけ麺

 

IMG_8770

足元を見ると、新店らしくオープン祝いの胡蝶蘭が飾ってあった。
お店の中に入って券売機で食券を買う。
お店の人が横について、メニューを渡してくれた。

 IMG_8776

「オススメは何ですか」と聞くと、 「勝浦タンタン麺、特に勝浦タンタンつけ麺がオススメです。」と即答。
「じゃあ、勝浦タンタンつけ麺」(880円)っと、ボタンを押した。

 IMG_8764

値段がちょっと高めだが、並盛り(300g)、中盛り(400g)、大盛り(500g)同料金とのことだったので、迷わず大盛りでお願いした。
(500gは多いような気がするが、つけ麺だったら、いけるだろ。)

 IMG_8803

紙エプロンを使うかと聞かれたのだが、 ラー油の赤いスープのしずくが飛び跳ねそうなので、もらうことにした。

 

店内観察

 

 IMG_8790

厨房には若い男性スタッフが2人、他にホール係の男性が1人。
お客さんは休日の昼間で3組くらい。

空いているので、カウンター席ではなく、4人掛けのテーブル席に1人で座っているお客さんもいる。 (後で相席を求められていたけど。)

 IMG_8801

空いている席にどうぞと言われ、写真が撮りやすそうな入り口の席に座った。
何だこりゃ。
何だか横に巨大な石があるぞ。
何かのオブジェかな。

 IMG_8794

店内は木目調の落ち着いた雰囲気、大勝軒風といえば大勝軒風かな。
カウンター席とテーブル席もいくつかあって、グループで来ても、落ち着いて食事ができそう。

 IMG_8799

テーブルの上には醤油、お酢、ラー油の餃子セット、それにGABANの胡椒と大勝軒らしく魚粉。
と、いった調味料のラインナップ。

 IMG_8767

そういえば、お店の看板に勝浦朝市餃子というのが書いてあったが、そんなの本当にあるの?
以前、勝浦の朝市に行ったことがあるけど、そんなの売ってたっけ?

 

待つ事しばし、つけ麺が出てきた。

 

 IMG_8810

真っ赤なつけ汁が、いかにも勝浦タンタン麺っぽい。
まさに、勝浦タンタン麺と大勝軒のつけ麺とのコラボレーションが実現している!

 

定点観測

 

 IMG_8841

さて、いただきます。

麺はゴワゴワした白い超極太麺。
うどんみたいな太麺、普通の大勝軒の太麺よりもさらに太い。
(出てくるまで、少し時間がかかったのだが、太麺だからだろうか。)

 IMG_8830

麺の器の端に柚子胡椒が添えられていた。
大勝軒は豆板醤が置いてあって、つけ汁をつけずにまずは豆板醤で食べることを推奨している。

 IMG_8825

つけ汁は勝浦タンタン麺らしく、表面にラー油の浮いたもの。
また、玉ネギが入っているのも”お約束”通り。

 IMG_8847

少し、本場のものに比べると刻みが粗いような気がする。
辛さは抑えめ。

本物の勝浦タンタン麺に比べると、全然辛くないし、中本とかにくらべると比較にならない。

IMG_8818

激辛好きの、私にとっては、もの足りない。
当然、麺に添えてあった柚子胡椒も追加投入。

ベースは魚介系のスープで、これは表面のラー油とうまくフィットしていた。

 IMG_8835

チャーシューはつけ汁にブロック状のものを沈めてあるパターン。
脂身が適度に入って柔らかい。
ただ、メンマとか他の具材の一部という感じで、チャーシューとしてのインパクトはあまりなかった。

 

あっという間に完食。

 

IMG_8851

全体として、おいしいかどうかでいえば、文句なく美味しいつけ麺だと思う。
ただ、勝浦で食べるタンタン麺は辛くて辛くて、ご飯を一緒に食べないともたないくらい辛かった気がする。
そういう面では、東京人向けに作られた「勝浦タンタン麺」なのかもしれない。

 

おまけ:タンタン麺の動画

 

《参考データ》

 

お取寄せ担々麺は → こちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.