【後編】ラーメン二郎 三田本店 @田町:24時間絶食で臨んだ年に一度の聖地巡礼、ラーメン二郎との格闘は秘技天地返しを繰り出すも、麺半分でさえ悪戦苦闘。



IMG_6990

(【前編】ラーメン二郎 三田本店 @田町から続く)

 

何でしたっけ?
ジロリアンの人間観察をしていると、今度は正式にトッピングを聞かれた。
(やっぱり聞き直された。)

 

再度「ニンニクなし、ヤサイで」と私。
午後は仕事なのでニンニクはなしにせざるを得ないのだが、まだ暑いこの時期、食欲が進むニンニクが入れられないのはつらい。

 

IMG_6985

 

あと、三田本店は調味料が胡椒(ホワイトペッパー)だけで唐辛子がないのが残念。

 

IMG_6997

 

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。
おおっ。

1年ぶりの三田二郎との対面。
食べ切れるかな。

 

IMG_7001

 

表面を見ると、ブタが1枚しか見えない。
麺半分だとブタも1枚になるのかしら?
さて、いただきます。

 

IMG_7019

 

まずは秘技「天地返し」

 

三田本店はレンゲがないので、箸だけで麺とトッピングをひっくり返していくのだが、これがなかなか難しい。

悪戦苦闘しつつ、反転完了!

 

麺を食べ始める。 オーションの香りがする極太扁平ストレート麺。

これだったら、硬めにしてもよかったかな。

(でも、二郎はその日によってブレがあるから、とんでもなく硬くなる可能性もある。)

 

しかし、ちょっと食べると、いきなりキツくなってきた。

天地返しをやると、先に麺ばかり食べることになるので、早く飽きが来てしまう。

 

IMG_7005

 

ブタは脂身のほとんどないもの。

今回はアタリではないか

かなり美味しい。

 

IMG_7013

 

1枚だけかと思いきや、ちゃんと2枚入れてあった。

しかも、2cm近い厚み。

嬉しいような、怖いような。

 

 

食べ進んでいくと、予想通り2枚目はかなり苦しくなってきた。

でも、残すわけにはいかない。

なんとかブタを平らげた。

 

IMG_7007

 

スープは表面に油の層が乳化しているもの。

油の層がかなり厚くひどいときは1cmくらいなっている時があるのだが、今回は適度な”油加減”だった。

 

スープを飲もうと思うのだが、レンゲがない三田本店ではドンブリを持つと手が油だらけになるのと、既に麺とブタでお腹いっぱいでスープを単独で飲む気になれない。

 

IMG_7029

 

底の方に残ったクタクタのキャベツともやしを引き上げ、ノルマの固形物を完食。

(スープはかなり残ってしまった。)

 

IMG_7036

 

二郎ではいつものことだが、まさにラーメンとの格闘という感じである。

ドンブリをカウンターに揚げ、おやっさんにご馳走様を言って、そそくさと退出。

表に出ると、昼飯時が近いせいか、5、6人の行列ができていた。

 

IMG_7040

 

 

今回は24時間絶食で臨んだため昨年よりはキツくなかったのだが、それでもお腹はパンパン。

夕食はいらないかも。

 

今年も聖地二郎三田本店巡礼は無事終了した。

 

IMG_7049

 

 

(前編に戻る)

 

 

 

おまけ:ラーメン二郎動画

 

 

「私のラーメン二郎訪問の記録」は → こちら

 

 名店の味を自宅で:宅麺.com →二郎インスパイア系「ちばから」 

《参考データ》


 

《東京23区内のラーメン二郎MAP》

Yahoo! Open Local Platform

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.