ドゥエ・イタリアン @市ヶ谷:ちょっと演出懲り過ぎなんじゃないと突っ込みを入れたくなるビストロラーメン屋さん、でも確かに黄金の塩らぁ麺は美味しかった。



IMG_6863

市ヶ谷のドゥエ・イタリアン(Due Italian)。
他のラーメン屋さんが休みで、近くを歩いていて、たまたま見つけたお店。
ラーメン屋さんらしからぬ外観と黄金の塩らぁ麺というコピーに惹かれてお店に入ってしまった。

IMG_6802IMG_6810

中に入って券売機で食券を買う。
当然、黄金の塩らぁ麺(780円)にした。
お店の人に案内されて、奥のカウンター席に座る。

IMG_6813

食券を渡して麺を硬めでお願いした。
厨房はよく見えないが若い男性スタッフが1名。
店内は赤と白に統一されたインテリア。

 IMG_6820

壁に向かって食べるカウンター席がメイン。
やわらかなライトに照らし出された白い壁とテーブルと椅子の赤のコントラストがお洒落である。
このお店はラーメン屋というよりはイタリアンのレストランという雰囲気。

 IMG_6823IMG_6852

奥のカウンターではカップルが食事を楽しんでいた。
私が入った時は空いていたのだが、私の後にドドッとお客さんが入ってきて、しばらくすると満席にあり、お店の外に数人待ちができた。
(人気のお店らしい。)

 IMG_6831

 厨房の男性と別に他にホール係の女性スタッフがいるのだが、これがお店のインテリアと同様、実に無機質。
機械的で全く愛想がない。(笑)

 IMG_6832

席に座ると、その女性スタッフが緑の瓶とコップに入ったお水を持ってきた。
(でも、この水はまさかミネラルウォーターじゃないよな。)

IMG_6838

メニューを見ると、ラーメンだけではなくて、「カップでご飯」とか生ハム、デザートといった普通のラーメン屋さんでは見かけない食べ物が並んでいた。
ちょっとお洒落な「洋風ラーメンビストロ」といった風情である。

IMG_6847

壁を見ると、汐留に姉妹店がオープンという案内が貼ってあった。
お洒落なイタリアンが本業で試験的にラーメンのお店を出しているのかもしれない。

 IMG_6841IMG_6845

テーブルの上には白胡椒の入ったペッパーミル。
お箸とレンゲは赤い布が敷かれた専用の容器に入れられている。
調味料やお箸までお洒落である。

IMG_6851

また、このお店、女性客をかなり意識しているようで、ゴルゴンゾーラチーズ入りのらぁ麺フロマージュ、美容効果のある檸檬つけ麺、ダイエット効果のある柿酢つけ麺があったり、女性客向けに蒟蒻を使ったヘルシー麺への無料変更、さらには近隣女子大生のにはデザート無料(平日の14:00〜16:00)と様々なサービスを実施している。

 IMG_6858

無愛想な女性スタッフがポンと「幸せの黄色い胡椒」なるものを置いていった。
これをかけて食えということらしい。

IMG_6874

待つ事しばし、本体のラーメンがでてきた。
おおっ。
本当に黄金の透明感のあるラーメンである。

 IMG_6860

「Due Italian ドゥエ・イタリアン」と書かれた白い器がイタリアンっぽい。
さて、いただきます。

 IMG_6886

麺は白いストレート細麺。
モチモチっとした食感。
この麺、三河屋製麺製で北海道産の”春よ恋”という小麦粉を使っているらしい。

 IMG_6876

表面に油の層が光るスープは鶏ガラベースのもの。
玉ネギのピューレとフライドオニオンのダブル玉ネギ攻撃は玉ネギ好きの私には好みの味。

「幸せの黄色い胡椒」(蜜柑胡椒らしい)も使ってみたが、こちらは何となくピンとこなかった。

 IMG_6882

チャーシューは脂身の多いロールチャーシュー。
これは、ラーメンの具材らしい具材。
持ち上げると、崩れるほど柔らかく仕上がっていた。

他に長くて柔らかい穂先メンマ等入っていて、材料が厳選してあることがうかがわれる。

 IMG_6894

あっという間に完食。
まあ、おいしい塩ラーメンなのだが、何だか「少々演出が懲り過ぎなんじゃない」とつっこみを入れたくなるラーメン屋さんだった。

 IMG_6795

カップルあるいは、女性が1人で入れるお店だと思う。
(逆に私のようなラーメンオタクの男性には不向き)

 

おまけ:塩ラーメンの動画

 

《参考データ》

 

お取り寄せラーメン →   塩ラーメンはこちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.