蒙古タンメン中本 @亀戸:辛さレベル8の冷やし五目蒙古タンメンは蒙古タンメンのつけ麺版、冷やし五目味噌タンメンに麻婆豆腐がかかっていて満足度100%!



IMG_6479

亀戸の蒙古タンメン中本。
私の中本のホームのお店である。(笑)
先日、歌舞伎町の激辛グルメ祭りに行ってから、辛いものが無性に食べたくなり、久々に訪問してみた。

 IMG_6446IMG_6439

亀戸の駅から歩いて数分でお店の前に到着。
日曜日の16:00頃に訪問したのだが、このお店は土日祝日は昼営業と夜営業の間のお休みがなく、この時間でも開いている。
日曜日はお休みのラーメン屋さんが多い中で、利用しやすいお店である。

IMG_6455

中に入って券売機で食券を買う。
さて、何にするかな〜。
暑いのでつけ麺にすることは決定している。

 IMG_6458

すこし前に新宿の中本で辛さ10の冷やし味噌ラーメンを食べて撃沈した(笑)ので、レベルは7か8くらいかな〜。
そうすると、冷やし五目味噌タンメン(レベル7:830円)か冷やし五目蒙古タンメン(レベル8:850円)だな。

 IMG_6453

はて、この2つのつけ麺の違いは何だろう?
冷やし五目蒙古タンメンは蒙古タンメンのつけ麺版で、冷やし五目味噌タンメンに麻婆豆腐がかかっており、温かい蒙古タンメン同様、辛さが一段階上がるということらしい。

具はどうでも良いといして、辛さのレベルは8くらいないと物足りないので、冷やし五目蒙古タンメンを選択。

 IMG_6466

厨房の中には若い男性スタッフが1名、他にホール係の女性が1名。
掛け声も威勢良く、相変わらず活気のあるお店である。

 IMG_6529IMG_6527

店内は赤と黒を基調とした中本カラーのインテリアで統一されている。
ここは、L字型のカウンター席の他、カウンター席の一部を区切ったボックス状のテーブル席がある。
私が訪問した時間はすいていて、2人組のお客さんでもテーブル席に案内していた。 (但し、混んできたら相席に協力しなければならない。)

 IMG_6469IMG_6463

テーブルの上には胡椒、お酢、唐辛子、醤油のラインナップ。
辛い上にさらに唐辛子をかける人がいるのかと思うが、物足りない人は唐辛子を追加するのだろう。

IMG_6484

待つ事しばし、つけ麺が出てきた。
相変わらず真っ赤なつけ汁が辛そう。
それに、黄色いゆで玉子がトッピングされてビジュアル的に鮮やか。
なるほど、豆腐が入って、確かに言われてみれば蒙古タンメンのつけ麺版である。

 IMG_6513

さて、いただきます。
麺は白いほぼストレートの中太麺。
もちもちしていておいしい。

 IMG_6488

ただ、いつも思うのだが、(つけ汁が多いというのもあるのだが)つけ汁が辛いので、麺の量が足りない。
他のお店のつけ麺に比べても少なめだし、もう少し麺の量を増やしてほしいものである。

 

辛いので白いライスを頼みたいのだが、ここは白いご飯がちょと高め(ライス180円)に感じる。
というのは、「定食」といわれる特製辛し麻婆豆腐と小ライスのセットが170円で提供されていて、この定食の値段を見るとライスを単品で注文しにくい。

そうすると、結局麻婆豆腐付きの定食を頼むことになるのだが、口の中の火事にさらに油(麻婆豆腐)をそそぐことになるのである。(笑)

武蔵家のようにライス無料、おかわり無料くらいの度量の広さを見せてほしいものである。(私の強い要望)

IMG_6524

つけ汁は唐辛子の味噌スープがベースになって表面をラー油の層が覆ったもの。
蒙古タンメンのように片栗粉のソースが加えてあるので、さらにピリッとする。
食べていると舌が麻痺してきて、だんだん辛さを感じなくなってくる。

 IMG_6504IMG_6500

確かに辛いのだが、それでも北極ラーメンクラス(レベル9)に比べれば、スープの味を感じる余裕はある。(笑)
もやしとかたゆで玉子が辛さをいくぶん和らげてくれる。

 IMG_6493

チャーシューの代わりに豚バラ肉。
この激辛スープ(つけ汁)にはこの肉が良く合う。
味があまりついていないのが、かえってよい。

  IMG_6535

夢中で真っ赤なつけ汁が飛び散りそうになるのだが、この店はお願いすれば、汁が飛び跳ねた時用の紙エプロンを出してくれる。

 

あっという間に完食。
あ〜、口がヒリヒリする。
辛さのレベルは私の求めるところだった。

 IMG_6540

満足、満足。
暑い時は激辛に限る。
これはやはり、白い大盛りご飯がほしくなる食べ物だな。

 IMG_6546

 

《参考データ》

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.