栄昇らーめん @津田沼:魚介系ラーメンのラインアップがとても豊富なお店、ここのラーメンにはしばらく行かないと食べたくなる中毒性あり。



IMG_4835

津田沼の栄昇らーめん。
久々に訪問してみた。
昼過ぎにお店に到着。

混んでるかなと思ったが、待ちはなくすぐにお店に入ることができた。
ここは券売機はないので、空いているカウンター席に座る。

IMG_4816IMG_4881

さて、何にするかな〜。
このお店は魚介系のラーメンが主で「煮干しらーめん」「あごだしらーめん」「節仕込みらーめん」「魚だし塩らーめん」と魚介系ラーメンだけでも4種類もある。

IMG_4823

煮干しはちょっと最近ハズレが多いので敬遠、柚子風味というのに惹かれて節仕込みらーめん(700円)というのを頼むことにした。
麺は硬めで、他に雑誌のクーポンで味玉をつけてもらった。

IMG_4820

厨房には男性3人、女性1人、うち男性1人がホール係と兼務といった体制。
店内は厨房を囲むL字型のカウンター席のみ。
席数の割には余裕のある広い店内である。
お店の隅には、このお店が取り上げられているラーメン雑誌等が置いてある。

IMG_4880

ここは魚介系ラーメン以外にも醤油とんこつ、東京ラーメンといったメニューがあり、つけ麺もあるのだが、これが残念なことに14:30からの提供で、いつも昼間にくると残念な思いをする。

IMG_4829IMG_4874

客層は駅から少し遠いこともあり、ご近所を中心に地元のお客さんがメインだが、近くに大学や予備校があることから学生のグループもラーメンを食べに来ている。

IMG_4842

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。
まずは、デカいロールチャーシューが目をひく。
ピンクのナルトに縦に切った白いネギのコントラストが鮮やか。

IMG_4861

さて、いただきます。
麺は黄色い縮れた麺。
スープにからみやすい麺である。
ここの麺は大進食品の麺かな。

IMG_4850

スープは濁っていて、ひと目でいかにも節系のスープであることが分かる。
「節仕込み」だから、あご(とび魚)とかさんまとか鰹節以外の節系もダシに使われているのかしら。
節系はどうしてもスープがコナコナしてしまうので、柚子が少し香る爽やかな後味でそれをカバーしている。

IMG_4846

チャーシューは脂身の多い柔らかいもの。 レンゲで持ち上げると崩れてしまうほど柔らかい。
他に穂先メンマも入っていて、個々の具材がとても丁寧に作られていることが窺われた。

IMG_4877

あっという間に完食。
ごちそうさま〜。
ここは津田沼の魚介系ラーメンでは外せないお店で、しばらく行かないと行きたくなるお店である。

IMG_4815

 

おまけ: 魚介系ラーメンの動画 

 


《参考データ》

 

 


お取寄せ魚介系ラーメンは → こちら

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.