【新店】健勝軒 @津田沼:ラーメン激戦地津田沼の駅前にできた大勝軒系のお店、干しえびとネギを追加してくれたスープ割りが良心的。



IMG_3314

津田沼の健勝軒。
3月末に開店した新店である。
開店当初は混雑していたらしいが、最近落ち着いてきたというので行ってみた。
津田沼は南口に大勝軒系の必勝軒という有名なお店があるが、このお店は北口。
駅から歩いてすぐのところにお店はあった。

関連記事:【JR中央総武線 ラーメンTOUR】第1回 津田沼: ①なりたけ、②必勝軒、③無限大、千葉県屈指のラーメン激戦区。これからシリーズで書いていきます。 

 

IMG_3368

間口は狭いのだが、入り口の上には大きな看板があって、店主らしい人が山岸一雄御大と写った写真が看板になっている。
この場所だと、列車の中からとか、駅のホームからでもきっと良く見えるだろう。

 

しかし、このパターンの写真あちこちで見かけるな〜。(笑)
大勝軒もあちこちにできてしまって、最近はあまりありがたみを感じない。 
ここは大勝軒系といっても海浜幕張の前勝軒とか麺屋こうじグループ系らしい。

お店の前には待っている人が数人。
椅子も置いてあり、人気のお店らしい。 先にお店の外の券売機で食券を買う。
刻み玉ねぎ入りのつけ麺(750円)にした。

IMG_3358

時間がかかるかなと思ったが、ほとんど待たずにお店の中に入りことができた。
食券を渡して奥の方のカウンター席に座る。
大盛りまで無料ということだったので、大盛りにしてもらった。

 

店内はカウンターのみ7席、とても狭い。
奥に厨房があって、男女2人、ホール係1名、お店の外の誘導係1名という構成。
スタッフはみんな若い。
オペレーションが悪いという印象は特に受けなかった。

 IMG_3330

待つ事しばし、つけ麺が出てきた。
ステレオタイプな大勝軒のつけ麺。
ピンク色のナルトがかわいらしい。
このくらいの大盛りだったら、楽勝そうである。

IMG_3345

さて、いただきます。
麺は少し黄色いほぼストレートの太麺。
大勝軒でよく見かける普通の麺である。
大盛りの重さは300gらしい。

IMG_3325

つけ汁は当然魚介系。
節系のこれまた普通のもの。
玉ねぎを入れてもらっているのが嬉しい。

IMG_3335

ネットを見ると他の人はぬるいと書いてあったが、私はそうは思わなかった。
そもそも、つけ麺のつけ汁って食べているうちに必ずぬるくなるものじゃないの?

 IMG_3338

チャーシューは切ったものがつけ汁に沈めてあった。
ブロック状に細かくではないが、ボリューム的には存在感が感じられなかった。

 

麺を完食。
せっかくなので、スープ割りをもらうことにした。
まわりの人も結構スープ割りを頼んでいる。

IMG_3348

スープ割りが出てきた。

おっ。
赤いものが目に入ってきた。

干しえびらしい。
それにネギも追加してくれて良心的。

IMG_3351

スープ割りも完食。
このスープ割りがなければ、何の特長もない普通の大勝軒という記事になるところだった。(笑)

 IMG_3365

サービスをさらに向上させて、ラーメン激戦地津田沼でこれからも頑張ってほしいものである。

 

 関連記事:【JR中央総武線 ラーメンTOUR】第1回 津田沼: ①なりたけ、②必勝軒、③無限大、千葉県屈指のラーメン激戦区。これからシリーズで書いていきます。 

 

おまけ:大勝軒動画

 

 《参考データ》

 

 

大勝軒のラーメン・つけ麺のお取寄せは → こちら

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.