ラーメンBar 963(クロサン) @船橋:現実路線に修正しつつエスニックなテイストは併存させたソースラーメン。



IMG_2226

船橋のラーメンBar 963(クロサン)。
ここも船橋ソースラーメンプロジェクト3rd Season参加店。
今回も参加していると聞いて訪問してみた。



前回は「豚足」入りのソースラーメンという極めて革新的な作品だったので、今回はどんなラーメンなんだろうと期待に胸をときめかせつつ、船橋駅からテクテク歩く。

 

IMG_2210

お店の前に到着。
ここは、ラーメンBarという名前の通り、外観はお酒を出すお洒落なBarである。
今はそれほどでもないが、私のようなラーメン食べ歩き人には敷居の高いお店の1つである。

 

IMG_2212

中に入ると先客はカップルの1組。
お店の人に案内されて空いているカウンター席に座る。
メニューを見ると、期間限定 船橋ソースラーメン(780円)の大きな文字を発見。

 

IMG_2271

生ビールとソースラーメンを注文。
雑誌のクーポンで味玉を追加したのだが、「ソースラーメンには生玉子が入っていますが…。」と怪訝な顔をされてしまった。
無理を言って味玉を追加してもらい、麺は硬めでお願いした。

 

IMG_2267

厨房にはご主人と若い女性スタッフが2名。 (ホール係兼務)
 店内には他にカップルのお客がお酒を飲んでいる。
2階にも席があったはずだが、ここからは様子は分からない。
インテリアもお洒落で、ラーメン屋という風情は全くない。

 

IMG_2215

場違いな空気を感じつつ、ラーメンを待っていると、先に生ビールが登場。
プハーっ。
生き返る。
スポーツクラブの帰りだったので、ビールが腹にしみる。

 

IMG_2221

いい感じになってきたところで、ラーメンが出てきた。
生玉子は前と同じだが、豚足がなくなって普通のチャーシューになっている。
豚足は確かにチャレンジングな試みだが、ソースラーメンに合っていたかといえば、ちょっと疑問だったしな〜。
(豚足自体は柔らかくておいしかった。)


前回のソースラーメン



表面に青のりがかかって、お好み焼みたいになっている。

1回目はエスニック風、2回目は沖縄風、3回目は大阪風かぁ。(笑)

 

IMG_2233
無理を言って追加してもらった味玉(ゆで玉子)は別皿で出てきた。
このラーメンに直接入れるのはあわないらしい。

 

IMG_2256

さて、いただきます。
麺は少し黄色い中細ストレート麺。
この麺は以前と変わっていないようである。
ちなみに麺は大進食品製のオリジナル麺らしい。

 

IMG_2247

スープは白ワインやナムプラーが入ったハイレベルなもの。
胡椒や山椒等の香辛料が効いているのだが、後味が甘く感じるのが不思議である。
(一言では言い表せない複雑な味)

 

IMG_2240

チャーシューは豚足をあきらめて、以前のこのお店のデフォルトのものに回帰。 (脂身の多い厚みのあるロース肉)
ただ、表面にソースがかかっており、ソースラーメンを意識したトッピングになっている。

 

IMG_2228

表面にはもやしとネギのトッピングに青のり。 (以前は上に載っていた線唐辛子はなくなっている。)
ノリとしてはやっぱりお好み焼だな。
あっという間に完食。

 

IMG_2274

全体の印象としては、ピリ辛エスニック調の良い面を残しつつ、日本人の舌に合うように現実路線の味に修正したという感じかな。

今回もこのお店、レベルの高いソースラーメンが提供されていた。
船橋ソースラーメンプロジェクト3rd Season 2ヶ店目訪問終了。

 

IMG_2207

 

ソースラーメンの動画は → こちら

 

 《参考データ》


 

「千葉拉麺倶楽部 拉通 (ra2)」でも使っていたリーペリン(LEA&PERRINS’)社のウスターソースは → こちら

《前2回の船橋ソースラーメンプロジェクトの関連記事》

船橋ソースラーメンプロジェクトfacebok公式ページ

船橋ソースラーメンプロジェクト2nd SEASONのランキングとまとめ 船橋ソースラーメンプロジェクトのランキングとまとめ  

ラーメンBAR 963 @船橋:豚足が入ったチャレンジングなソースラーメンは表彰もの!

ラーメンBAR 963 ソースラーメン @船橋      

 

  《船橋駅周辺の船橋ソースラーメンプロジェクト参加店の地図》

Yahoo! Open Local Platform

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.