なりたけ @津田沼:「特製うま辛ラーメン」、赤いのは豆板醤かと思いきや、トマトソースだった。



IMG_0588

津田沼のなりたけ。

寒くなると、どうしてもここの味噌ラーメンを食べたくなる。

でも、相当並んでるだろうな。

と思ってお店の前まで行ってみたら、しめしめ行列はない。

IMG_0545

このお店はうちの近所で毎日前を通るのだが、たいてい行列が

出来ている。

千葉のラーメン店のランキングがあれば必ず載るほどの

有名店である。

IMG_0546

ちなみに、このお店千葉を中心に支店展開しているのだが、

海外にも展開していて、なんとパリにも支店がある。icon_eek.gif

 IMG_0553

お店の硝子をふと見ると、「特製うま辛ラーメン」というのが

あった。

これにしてみるかな。

IMG_0483

お店の中に入って券売機で食券を買う。

「特製うま辛ラーメン」の味噌味(900円)にしてみた。

信じられないことに、お店の中にも待っている人がいない。

 IMG_0575

自分でコップに水を注いで、空いているカウンター席に座る。

「背脂の量はどうしますか。」とお店の人。

「サッパリの麺硬めで」と私。

 IMG_0573

ちなみにうちの子供がただでも脂っぽいここのラーメンの

「ギトギト」(脂多め)を頼んで自爆したらしい。(笑)

IMG_0582

厨房には4、5人の男性スタッフ。

スープを作る人、器を並べる人、トッピングを盛りつける

人と分業制になっている。

手慣れた様子で作業が進んでいく。

IMG_0564

店内はL字型のカウンター席のみ。

本棚みたいな荷物置き場があって、お客さんはみんなそこ

にコート等を丸めて置いている。

 IMG_0562

テーブルの上には、胡椒やラー油の他に豆板醤とニンニクの壷。

昔は業務用の大きなプラスチックの容器がそのままドンと置か

れていたのだが、少し洒落た容器に変わったようである。

 IMG_0594

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。

おおっ。

なみなみと注がれた味噌のスープはいつもと同じだが、中に

真っ赤な液体の塊が見える。

 IMG_0603

見るからに辛そ〜。

豆板醤とニンニクを投入して、さて、いただきます。

麺は黄色い縮れ太麺。

 IMG_0622

硬めにしてもらったはずだが、今ひとつ柔らかいな。

ここの麺は全体的に柔らかいのが難点。

 IMG_0605

スープは背脂のぎっしりと浮いたもの。

いつ食べても、ここの味噌とニンニクとの相性は絶妙である。

特に寒い冬にはこたえられない!

 IMG_0625

問題の赤い液体をマゼマゼしてみる。

ビジュアル的にも食欲をそそる。

甘い!

 IMG_0629

たっぷり入った赤い液体は豆板醤だと思っていたのだが、

なんと、トマトソースだった。

中本のようなな激辛を想像していたのだが、すっかり裏切ら

れてしまった。

 

このソースとても濃厚で、麺だけでは足りず、別にご飯が

ほしくなるほど濃い味だった。

あっという間に完食。

 IMG_0633

ただでさえ濃い味のここの味噌ラーメンだが、この辛い

トマトソースのおかげで、やたら喉が渇いて、家に帰って

水をがぶ飲みしてしまった。

IMG_0550

 

 おまけ:味噌ラーメンの動画

 

《参考データ》

 

お取寄せ味噌ラーメンは → こちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.