【新店】鶏王けいすけ @秋葉原:鶏もも肉のローストが丸ごと1本入った豪快なラーメンだが、ウケ狙いが少し気になる。



IMG_0317

秋葉原の鶏王けいすけ。

2/8にオープンしたばかりの新店らしい。

といっても、この場所は昔「秋葉原の極辛BLACKつけ麺

七代目けいすけ」というお店が入っていた場所だから、

けいすけがコンセプトを変えてリニュアルしたということ

になるのかな。

 

IMG_0263

秋葉原の駅から総武線沿いに歩いていくとそのお店はあった。

前と同じ場所である。

お店の前に行列ではないが、人だかりができていて繁盛して

いる様子である。

 IMG_0276

お店に入って券売機で食券を買う。

あっさり味の「鶏そば味玉入り」(850円)というのにした。

IMG_0272

普通は味玉入りにしないのだが、美味しそうだったのと、

このラーメンにはビジュアル的に味玉が必要と思ったので、

選んでしまった。

 IMG_0300

お店の人に案内されてお店の一番奥のカウンター席に座る。

(1席しか空いていないくてラッキー。)

写真を撮るのにはベストポジションである。

 IMG_0284

食券を渡して麺を硬めでお願いした。

お水は回転寿司のお茶のようにカウンターに設置された蛇口

から各自勝手に汲む方式。

IMG_0308

厨房には男性スタッフが3名。

見た目怖そうなお兄さんである。

(頭がニワトリ風のモヒカン)

 IMG_0278

ホール係の若い男性はどうも中国人の様子。

店内は若い男女のグループ等もいてほぼ満席状態。

内装は前のお店から変えてあって、あちこちにニワトリの

絵が描いてある。

 

後ろの壁にはハンガーがかかっていた。

寒い時期には着るものが増えるので、コートをかけてもらえる

ハンガーはありがたい。

  IMG_0294

(コートを着たままでラーメンは食べられないし、手にも

って食べるのには邪魔になる。)

テーブルの上には、レモン入りのお酢に魚粉等このお店なら

ではの数々の調味料がずらり。

IMG_0297IMG_0309

中でも目をひくのは辛味噌。 辛味噌は鶏チャーシューにお使

い下さいと書いてあって、これは期待できる。

IMG_0290

待っている間に卓上のもやし(無料)を食べながら待つ。

前の極辛BLACKつけ麺七代目けいすけでは、確かゆで玉子

が無料だったが、それに替わるサービスのようである。

IMG_0321

さすがに「けいすけグループ」のお店、お客を飽きさせない。

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。

おおっ。

これは!

IMG_0331

まず、目につくのは、丸ごと1本入った鶏もものロースト。

デカい。

味玉は透明のスープが入ったどんぶりによく映える。

IMG_0357

さて、いただきます。

麺は黄色い少しウェーブがかかったもの。

あまり硬めに仕上がってないのが少し不満。

表の幟によれば、カネジン食品の麺らしい。

IMG_0342

スープはあっさりした鶏ベースのもの。

個人的には鶏のダシを使ったものはあまり好きではない。

鶏油のクセみたいなものがちょっと苦手なのかもしれない。

  IMG_0364

トッピングのメンマは大ぶりな穂先メンマで、柔らかくて

おいしかった。

このラーメンの具に対するこだわりみたいなものを感じた。

 IMG_0354

味玉は味がよく染みていた。

多少注文をつけると、半熟度合いがもう少し。

玉子をつかむと、トロッと流れ落ちるくらいだと嬉しいのだが。

 IMG_0346

さて、問題の鶏チャーシュー。

これは、実に存在感がある。

取り皿に引き上げて食べるらしく、どんぶりから移動させた。

IMG_0372

身をほぐして、辛味噌をまんべんなく肉の上に載せる。

肉はかなり火が通っており、箸でほぐすとバラバラと崩れる。

水炊きの骨付き鶏肉のようである。

 

さて、肝心の味の方だが・・・。

ある程度予想していたが、これだったら肉をラーメンと別に

食べた方が良いのでは?

という感じ。

 

ローストした肉をスープに浸しているので、せっかくのパリ

パリした皮が水分を吸って柔らかくなってしまっている。

辛味噌もこの鶏肉にわざわざ必要だろうかと思う。

 

この鶏のもも肉だったら、オーブンから出した直後のパリパリ

のものを塩をふりかけて食べた方が絶対に美味しいと思う。

 IMG_0375

あっという間に完食。

素材にこだわった、けいすけならではの鶏そばだった。

ただ、このお店にありがちな話題性先行、ウケねらいの雰囲気

が多少気になった。

IMG_0377

 

おまけ:その他けいすけの動画

 

 

 

鶏ラーメン・つけ麺のお取寄せは → こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.