黒亭 @熊本:遅まきながら熊本ラーメンの保守本流のお店に行って来た。大ぶりのチャーシューが3枚も入った正統派の熊本ラーメンに感激。



熊本市西区二本木の黒亭。

全国的に有名になってしまった熊本ラーメンのお店である。

しかし、実は熊本生まれの私は全く知らなかった。

(何その黒亭って?

 

熊本に帰省した時に空港によく置いてあるなあ、くらいの認識

しかなかった。

ちなみに、実家が近い私の母は知っていて、

「ああ、二本木の黒亭だろ。」と普通に言っていた。icon_eek.gif

 

これだけあちこちラーメンを食べ歩いていて、生まれ故郷の熊本

の有名なラーメン店に行ったことがないというのは恥ずかしい

ので、今回、熊本に帰る用事があり、行ってみることにした。

 

黒亭は昭和32年画家の平林武良さんと絹子さん夫婦が

こむらさき」から製法を学んで開いたお店である。

平林武良さんは不慮の事故により帰らぬ人となるが、奥さんの絹子

 

さんがその後50年以上お店を切り盛りしてきた。

(今はお孫さんが店長になっている。)

以上が今や有名店となった黒亭の簡単な来歴である。

 

市電の二本木の駅から歩くと、5分ほどでお店の前に到着。

(熊本駅からでも歩けそうな距離である。)

黒と木目を基調にした外観はとても立派。

(今や観光地化しているから、ある意味当然かも。)

相当混んでいることを予想して、夕方4時過ぎの空いていそうな

時間を狙って訪問したのだが、店頭には観光客みたいなお客さん

グループが屯していた。

お店の中に入ると、満席ではないものの8割くらいの入り。

年配の女性(絹子さんらしい)が空いているテーブル席に案内

してくれた。

 

入り口に味気ない券売機はない。

東京のラーメン屋は効率化と人件費削減のためか券売機を置いて

あるところが多いが、熊本では普通の飲食店同様、帰りにレジで

支払うのが主流である。

 

メニューを見ると、ラーメンが590円と東京と比較すると安い。

生卵が2つ入った玉子入りラーメン(820円)というのが目を

惹いて迷った。

生卵?

熊本ラーメンは普通煮卵だろうということで、結局、デフォルト

のラーメンを麺硬めでお願いした。

ちなみに、このお店はもやしラーメン(620円)も有名らしい。

広い店内は外観と同様、白壁と黒い格子、木目を生かしたすっきり

とした内装になっている。

観光客等のグループでの来店を意識してか、テーブル席が多い。

 

厨房には若い男女のスタッフ3、4名、ホール係が2名。

(ご家族でやっているのかな?)

待つ事しばし、ラーメンが出て来た。

表面に焦がしニンニクが散らばったマー油が浮いているスープ。

キクラゲと海苔、青ネギのトッピングと保守的な熊本ラーメンの

条件を満たした外見。

脂身の少ないチャーシューはしっかりとしてそうである。

 

さて、いただきます。

麺は白いストレートの細麺。

硬めに茹で上がっていて、プチプチ切れる食感が心地よい。

似ているけど味千ラーメン等とは少し違う感触。

スープは焦がしニンニク入りのマー油が効いている。

確かに「こむらさき」系の味である。

こむらさきはスープが薄い印象があるのだが、ここのは塩味が

キッチリと効いている。

また、変に鼻にとんこつ臭がが抜けることもなく、すっきりと

した味わいである。

青ネギというかアサツキもスープの味をよく引き締めている。

 

チャーシューは大降りの脂身のないものが、3つも入っていた。

熊本ラーメンはチャーシュー麺を頼まない限り、脂身のある小さな

 

ものが1切れ、2切れ申し訳程度に入っているのが普通だが、なか

なかデラックスである。

醤油でキッチリと味が染み込ませてあり、絶品である。

 

あっという間に完食。

どんぶりを良く見ると、電話番号が書いてある。

 

そういえば、昔のラーメン屋さんって出前をやってくれていて、

よくどんぶりに電話番号が書いてあったことを思いだして、

懐かしくなった。

確かに、これぞ、保守本流の熊本ラーメンという感じである。

参りました。

 

おまけ: 熊本ラーメンの動画   黒亭の動画

 

《参考データ》

 

お取寄せ熊本ラーメンは → こちら

 

お取寄せ黒亭ラーメンは → こちら

 

 


黒亭 @熊本:遅まきながら熊本ラーメンの保守本流のお店に行って来た。大ぶりのチャーシューが3枚も入った正統派の熊本ラーメンに感激。” への4件のコメント

  1. おぉわが地元、熊本の話題ですね。
    確かに熊本では黒亭が一番メジャーなラーメン屋になりましたよね。
    昔はこの建物の向かい側にある駐車場に古い建物が建っていて、そこでラーメン屋さんを営んでいました。
    他にも今はのれん分けされたというお店がいくつかあるみたいですよ。
    熊本ラーメンを堪能されたようで何よりです。

    • たいじ さま

      コメントありがとうございます。

      わが故郷なのですが、親不孝な私はここ数年帰っていませんでした。
      今回、久々の帰省です。

      さて、黒亭ですが、恥ずかしながら、熊本に住んでいる時は全く知りませんでした。
      私の母は里が熊本駅の近くで知ってたみたいです。

      味は文句なく、本物の熊本ラーメンでした。
      東京に出ている似非熊本ラーメンにはボロクソ文句を言う私も、さすがという感じで感服しました。

      ライアン

  2. こんばんは
    なにげに、こちら15年前位に1度伺いました。
    場所は少し移転したかも知れませんが…
    当時は家庭的な雰囲気で、お値段も消費税込みで643円とか中途半端な記憶が残っています。
    また、伺いたいお店です。

    • 赤バイクの知蔵 さま

      コメントありがとうございます。

      そうでしたか。さすがですね。
      私は高校卒業まで熊本に住んでいましたが、このお店の存在すら知りませんでした。
      ご家族でやっておられるようで、テレビドラマの「渡る世間は鬼ばかり」みたいな感じでしたよ〜。
      正真正銘本物の熊本ラーメンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.