中華食堂日高屋 @津田沼



津田沼の日高屋。

う〜ん。

このブログに書くべきお店かどうか微妙ではあるのだが、最近この

お店で餃子でビールを飲む機会が多く、今回初めてラーメンを頼ん

だので記事にしてみた。

 

お店に入り、禁煙であることを伝えると、入り口の方のカウンター

席に案内された。メニューを見てベルをならす。

(ここは食券ではなく、普通の居酒屋等と同じく直接オーダーする方式。)

餃子セットというのだとお得だというので、普通のラーメンに餃子、

それに生ビールを頼んだ。(内訳は忘れたけど全部で930円)

サービス券を持っていたので、麺は大盛りにしてもらった。

 

(ちょっと食べ過ぎじゃないか。)

店内は壁に向かって食べるカウンター席とテーブル席。

もとは薬局だった場所でかなり広い、従って収容人員もかなり多い。

 

良く見えないが、厨房には男性が2、3人、ホール係の女性が2人と

いったところ。

お客さんは7割くらいの入り。

週末の夜で結構混んでいる。

メニューはいわゆる街の中華屋さん風のラインアップ。

ラーメンと炒飯等のご飯もの、レバニラ炒め等の一品ものも充実

している。

 

飲み物もビールだけでなく、サワーや日本酒もあり、ちょっと帰

りに一杯飲みたい時には入りたくなってしまうお店である。

先に生ビールが出てきた。

 

ぷは〜っ。

忙しかった1日の終わりに飲むビールは格別。

さらに焼きたての餃子がつまみだと最高である。

 

ラーメン屋さんの餃子というのなぜこんなに美味いんだろうと

いつも感心する。

自宅で作る餃子や総菜で買ってきた餃子とは天地の差がある。

 

待つ事しばし、ラーメンが出てきた。

大盛ラーメンに、餃子とビール、完璧な組合せである。

(カロリーオーバーが気になるが…。)

 

典型的な醤油ラーメン。 麺大盛りだとさすがにボリュームがある。

チャーシューがショボいのは値段からすると仕方ないか。

さて、いただきます。

麺は黄色くて細い縮れ麺。

醤油ラーメンでは珍しい透明感のある黄色いゴムみたいな麺。

麺を硬めにするのを忘れたが、自分でもここの「中華そば」は

私が食べ歩くような「ラーメン」ではないと感じている証拠。

スープは魚介系醤油味。

具体的には煮干しのスープである。

最初はクセがあるかなと思って、少し身構えたが、食べ進める

と、煮干しのダシが良く効いていて、なかなかの出来。

 

スープを飲み始めると止まらなくなった。

ビールも飲んでお腹がタポタポになりつつ、なんとか完食。

大量生産されたチェーン店のラーメンではあるものの、

なかなか侮れず。

 

万人受けする合格点の味に仕上がっていた。

大盛ラーメンにビールに餃子ではあまりに多すぎるので、

次回からは控えめにしよう。icon_lol.gif

 

 

《参考データ》

中華食堂日高屋 津田沼北口店

TEL :047-474-7941

住所 :千葉県船橋市前原西2-13-15

営業時間:24時間 店休日 :無休


大きな地図で見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.